知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験合格への道かな?

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験に向けて諸々のこと、その他書籍やニュースなどの知財、その他の法律等に関して、思いついたら書きます

米国での「KIMONO」商標出願について思うこと

米国における、キム・カーダシアン・ウェストさんの下着商品やカバン商品等についての「KIMONO」商標出願の件、まあアメリカ人なら仕方がないことかなとは思います。

私は今回の件を「文化の盗用」とは思いません。彼女が着物のデザインをパクった下着をデザインしてこれを売り出したというならば間違いなく「文化の盗用」でしょうが、今回は単に「KIMONO」という名称を自分の下着のブランド名に使うだけの話で、これをもって「文化の盗用」というのはなんか違うと思います。

 

しかし、しかしです。

結果的に、彼女やその企業が、日本文化を侮辱しておとしめようとしていることには間違いなく(彼女にもともと日本文化を侮辱する気がないとしても、また彼女がどう言い訳しようが、本当に日本文化をリスペクトしているならば、日本においてKIMONO(着物)とは何かを正しく理解しようとするでしょうし、そもそも自分が売り出す下着のブランド名を「KIMONO」としたりはしないでしょうし、「KIMONO」を商標出願しようとはしないはずです。)、このまま放っておくのはいけません。少しでも商標登録される可能性はあるのですから。いや、商標法制度が異なるアメリカならば、日本に比べれば、「KIMONO」が下着の商標として登録される可能性はより高いでしょう。そして、登録された後にKIMONO=下着という認識がアメリカ、いや世界中に広まってしまってからでは、もはや手遅れなんです。また、商標法制度の異なるアメリカでは、登録された後で、その登録商標を無効にするためには、裁判をしなければならず(アメリカの商標無効の制度は日本のものとは異なります)、とても大変なのです。

 

ですから、もし私が着物業界関係者的立場の人間なら、彼女や彼女に関係する企業には、商標出願をとりさげてもらう様に説得に動きます。

幸い、京都市の市長が、彼女や企業に対して、この様なステートメントを送ったそうです。着物業界の協会も、これに続いてすぐに同様のステートメントを彼女や企業に対して送るべきです。

その結果、彼女や企業に考えをあらためてもらえることができ商標出願をとりさげてもらえることができたなら、それにこしたことはありません。

 

 

これは、日本でおこっている話ではなく、商標法制度の異なる外国アメリカでおきている話なんです。ならば、日本以上に、あらゆるリスクを想定し、現段階でとれる対応は全てとり、トラブルを未然に防ぐのが賢明だと私は考えます。

 

残念ながら、私はそれをできる立場の者ではありません。ですので、着物業界の関係者の方々には、可能な限り、対応していただきたくお願い申し上げます。日本の文化を守り、世界へしっかりアピールするために。

スニーカーの著作権登録が認められたそうです

と、いっても米国での話です。

 

とはいえ、本来なら登録が認められることのない、実用品であるスニーカーに著作権登録が認められた、とはすごい話です。(ちなみに、誤解してほしくないのは、今後スニーカーならなんでも著作権登録が認められるようになったわけではない、ということです。)

 

米国での著作権登録制度は、日本の著作権登録制度と同様、著作権の保護要件ではありません」(登録しなければ著作権が認められない、というわけではありません)が、日本とは異なり、登録のメリットはたくさんあり著作権登録によって、「著作物と推定」され、損害賠償請求権が認められたり、税関に対して偽物の輸入差止の請求ができる等)、登録していない方のリスクが大きいです。

 

今回のケースは、アディダスとアーティストのカニエ・ウエストとのコラボスニーカー、だそうです。スニーカーですから、本来著作物とは認められないものです。ですので、登録申請したところ、一度は審査(といっても方式的審査にすぎないでしょう)に通らなかったのですが、再審を求めたところ、覆って著作権登録が認められた、とのことです。このコラボスニーカーのデザインには、著作権登録が認められるくらいの創作性が認められ、著作権性がある著作物であると一応認定された、ということでしょうか。

 

米国では、これまで実用品では家具については著作権登録を認めたことがあるそうですが、それ以外の実用品については、初めてだそうです。

 

米国の著作権登録制度は、日本の著作権登録制度とは異なりかなり使える制度だそうです。今回の登録事例はけっこう重大な出来事ではないでしょうか。

 

ちなみに、日本の著作権登録制度は、無審査(方式的審査すらしない)らしく、だから登録申請をすれば、おそらく登録されるでしょう。ですが、それだけの話だそうです。まあ、一応著作権性の証明手段の1つにはなりますが、もし著作権侵害で裁判にでもなれば、あらためてその著作権性を裁判で判断されることになるそうで、その点ではあまり意味はないそうです(契約とかでは、それなりに有用らしいです。まあ証明になるようですから。)。本来著作権は無登録主義で、作品ができれば、勝手に著作権が発生するものです。ですから、日本の制度で著作権登録がされていても、裁判であらためて著作権性の判断をするのは、当然といえば当然のことでしょう。

技術のブランド化、技術ブランド

(ここに私が書いたことは、現KITの杉光教授が、これまでお書きになられた論文や、セミナー等で話をされた内容などを、元にしています。なお、このブログにおいて、杉光教授のお考えとは異なるあさはかな部分は、私が勝手に考えたことです。私の理解力が低いからであり、杉光教授に全く非はございません。)

 

何かが「ブランド化」するということは、「(ある程度の期間)(最終)消費者に選ばれ続け購入され続けるようになること」だと私は考えます。

商品で言えば、ブランド化した商品は、ノンブランド商品と比べ、(最終)消費者によってよりたくさん選ばれてよりたくさん購入される、ということです。

 

これは、技術ブランドにも言えることです。

 

その技術が、自社で使うためにあるにしろ(例えばユニクロヒートテック、シャープのプラズマクラスターなど)、他社に使ってもらうためにあるにしろ(例えばインテルMPU、ドルビーのサラウンド技術など)、その技術がブランドであるためには、最終消費者に向けてアピールしていること、最終消費者への訴求力があることが重要だと私は考えます(企業自体が最終消費者である場合も含みます)。「その技術を使っている」商品やサービスを選んでもらうために、最終消費者にその技術が良いものと認知される必要がある、というわけです。

 

ビジネスによっては、最終消費者に認知されていようがいまいが、とにかく、その技術、あるいはその技術によって作られる素材、部品材や、その技術によるサービスを、使わなければならないこともあります。

ですが、その場合でもやはり商品やサービスの最終消費者にその技術が認知されているならば、そのメリットはあると考えますし、それはけっして小さいものとは言えない、むしろ大きいのではないかと考えます。

 

マーケティングでは、「ブランドには象徴機能がある」と考えられています。私的に言えば、そのブランド商品の内容を詳しく説明しなくても(最終消費者がそのブランド商品内容を詳しく理解しなくても)、そのブランド商品が良いものである、と最終消費者に認知さえされればそれは商品の購入につながるわけで、これがブランドの象徴機能だと私は考えております。

そして、これは技術ブランドにも言えることではないでしょうか。その技術について詳しいことはわからなくても、最終消費者に、その技術を利用している商品が良いものであると認知され、そしてその商品が選択され購入されればいいのですから。

 

この(技術)ブランドの象徴機能は、商標の品質保証機能に似ているものがあります。

商品に付された商標が、その商品が良い品質のものであると(象徴的に)保証しているから、最終消費者はその商標が付された商品を選び購入するのです。ブランドにも似たような機能がある、というわけです。機能が似ていると言いますか、ブランドの象徴機能を成り立たせている要素の1つが、商標なのだと考えます。

ただ、技術ブランド(の商標)は、その技術の品質の保証だけでなく、その技術を用いた商品の品質をも保証する、両方を保証しているところが、大事なポイントだと考えます。つまり技術ブランドは、直接的にはBtoBですが、最終的にはtoCなのです。だから、最終消費者に訴求し、最終消費者に認知してもらうように、技術ブランドはあるべき、と私は考えます。

 

 

といいますか、このような考えゆえに、技術のブランド化、技術ブランドはこれからますます重要になっていく、と私は考えます。

スマホスクリーン防護用強化ガラスフィルムのすすめ

また、知財とは関係ないことを書きます。

 

このブログを読んだ方のうち、スマホを使っていらっしゃる方がほとんどではないかと思います。

 

スマホのスクリーン防護はどうされてますか。何かフィルムを貼られてますか。

 

私は、強化ガラスフィルムをオススメします!

 

数ヶ月前の話ですが、あやまって私は自分のスマホを地上約1mくらいから落としてしまいました。困ったことに、液晶スクリーン部が下になるかたちで、とんがった金属の上に落としてしまいました。スクリーンにヒビが入っているように見えました。でも、とりあえず使えたので、そのまま使用していました。

しかし、だんだんスクリーンが割れたはじから、カケラがボロボロとれはじめ、さらにスマホのスクリーンを操作してもなんとなく反応が悪い気がするので、いよいよダメかなと思い、スマホを修理に出すことを決断しました。

 

で、カメラのキタムラ(修理等はここでお願いしています)に持っていったところ、言われたのが、

 

「これ、ガラスフィルムにヒビが入っただけと思いますよ。ガラスフィルムはずして確認してみましょう。」

 

な、なぬー?で、ガラスフィルムをはずしたら、割れていたのは確かにガラスフィルムだけで、スマホ自体はキズ1つありません。

 

「ガラスフィルムがしっかりスクリーンを守ってくれたんです。ガラスフィルムは思った以上に、しっかりガードするんです。特にお客様のは、強化ガラスフィルムですから、なおさらです。」

 

というわけで、スクリーンの修理をせず、強化ガラスフィルムの交換だけですみました。

 

ちなみに、下の写真は、スマホのスクリーンを守ってボロボロになった強化ガラスフィルムです。

 

f:id:hide919691:20190501110027j:image

 

皆さん、スマホのスクリーンを守るために、強化ガラスフィルムをオススメします。

 

今なら、1000円くらいの安いものもあるようですよ。もちろん、自分のスマホのサイズにあうものを、うまく注意して貼ってくださいね。

ブランド業務試験の「ブランド」とはなにか

ゴールデンウィーク、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、家でのんびりゆっくりとしています。ちょうどいいタイミングなので、次の知的財産管理技能検定ブランド業務学科試験の勉強を本格的に始めました。

 

 

ところで、皆さまは、なぜ「ブランド業務」試験なのか、と考えたことがありますか?なぜ、「商標、意匠及び関連する法制度等の業務」試験ではないのか、と考えたことがありますか?(これは「コンテンツ業務」試験にも同じことが言えます。なぜ「著作権業務」試験ではないのでしょうか?ただ、ここではこれについては考えません。)

 

 

思いますに、「ブランド業務」試験での「ブランド」とは、「特許業務とコンテンツ業務以外の、知財業務」の総称として、使用しているだけではないのかと。

 

 

もちろん、世の中で一般的に言われている意味での「ブランド」や、マーケティング等で言われているところの「ブランド」の意味も、この「ブランド業務」試験の「ブランド」にはあるのでしょう。

 

でも、です。

ブランド業務学科試験を受験された方、あるいは過去問をおやりになった方ならお分かりでしょうが、直接的な「ブランド」の問題は、毎試験で4問ぐらいしか出題されてません。

45問中の4問です。残り41問は、直接的にはブランドとは関係のない問題です。正確に言えば、国内外の商標、意匠、及び関連分野の法や制度の問題です。これらは、ブランドを支えるものであっても、ブランドそのものとは言えない、と私は考えるのですが。

 

(ここで、いっそのこと、「ブランド」とは何か、を書くべきなのでしょうが、それはまた別の機会にします。ただちょっとだけ書けば、私は、「他の会社ではなく、その会社の商品を購入したい、その会社のサービスを享受したい、とお客様に考えさせる、そのトリガーとなるお客様の中に存在する認知イメージ」こそがブランドである、と考えます。)

 

これで「ブランド」業務試験と呼んでいいのか、私にははだはだ疑問です。まあ、「商標、意匠及び関連する法制度等業務」では長いですから、「ブランド」の一言で呼称するようにしたのでしょう。それに米国では、「ブランド」は「商標」とほぼ同義らしいですから、これをマネして「ブランド業務」となのるようになったのではないでしょうか。

 

 

個人的には、「ブランド業務」という呼称には違和感を感じています。「ブランド業務」という表現はやめていただきたいものです。やめないならば、せめてもっと出題を考えて、真の意味で「ブランド」の業務にふさわしい出題にするべきではないか、と考えています。

 

余談ですが、実技試験では、直接的な「ブランド」についての出題は、これまで1問もなかったはずです。このことからも、「ブランド業務」となのっていながら、「ブランド」とはどこかずれていることがおわかりかと、思います。

 

 

 

それから、私的には、「ブランド」の概念の中に、多少なりとも特許もコンテンツも含めていて、総合的に考えているのですが、またそのことについては、いずれ別の機会に書くつもりです。

勉強会のキックオフミーティングに参加してきました

2019年3月29日のこのブログで、「知的財産管理技能検定試験の1級2級の勉強会」について書きましたが、今日4月7日(日)、そのキックオフミーティングが行われ、私も参加してきました。

 

1級ブランド業務試験の受験者数は他と比較して少ないので、私以外にブランドの方は来るのかな、と思っていましたら、いらっしゃいました。私を含め、4名(かけもちの方も含め)です。今のところ、この勉強会の中では、一番人数の少ないグループですが、それでも、私以外にブランドを目指す方がいらっしゃることは、心強いことこの上ございません。

 

今日は、キックオフミーティングなので、実際の勉強はせず、最初は勉強会についての全体的な説明があり、その後、1級特許、1級コンテンツ、1級ブランドの各グループに別れて、今後の勉強会の進め方について話し合いをしました。今回は2級受験の方は参加されませんでした。

そして、その後、参加できる人だけで、軽く飲みました。

 

今後、どういう様になっていきますか、期待が膨らみます。

そして、次こそは合格したいものです。

勉強再開 と 勉強会の紹介

とりあえず、仕事に必要なある程度の商標知識は身につけたので、1級(ブランド)の受験を数年前にやめた、のですが…。

 

最近仕事で社内で商標の相談を受けて、あまりちゃんと答えられなかったので(特許事務所に相談するべき話なのですが、まだ確定した話ではないので、予算はなく、よって一般論的なことしか聞くことができず、それ以上のことは私がいろいろ調べて答えるしかない、ためです。特許事務所にちゃんと相談するとなると、有料になる話だからです。)、このところ「また勉強しなきゃダメだなぁ」と考えてました。

 

そんな時に、知的財産管理技能士会からのメールに、有志によるお互いに学びあう形での、2級1級の勉強会をはじめる旨の記事が書いてあり、「どうせ勉強するなら、知的財産管理技能検定1級ブランドの受験も再びするか。」と、考えるに至ったわけです。そして、私は、この勉強会に参加しました。

 

4月7日(日)午後2時〜、都内でキックオフミーティングをするとのことで、早速申し込みました。

 

このキックオフミーティングはまだ受け付けているとのことなので、試験を受験をされる方で、この勉強会にご興味がある方は、ぜひぜひ下記のURLにアクセスしてみてください。4月5日(金)まで、受け付けているとのことです。

 

Facebookにアカウントをお持ちの方は、まず下記のURLリンク先の勉強会グループに参加されて、それからこのグループ内に作成したイベントページから勉強会のキックオフミーティングにエントリーなさってください。

 

Facebookのグループリンク先URL

https://www.facebook.com/groups/420761148742211/

 

Facebookにアカウントがない方の場合、グーグルフォームからエントリーもできるようなのですが、このブログでは、グーグルフォームのURLを掲載しても、なぜかリンクできずエラーになってしまうため、こちらのURLは貼っておりません。ご了承ください。

 

 

 

とにかく、私は勉強再開します。このブログも、またいろいろ書くようにかもしれません。

 

よろしくお願い申し上げます。