読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験合格への道かな?

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験に向けて諸々のこと、その他書籍やニュースなどの知財、その他の法律等に関して、思いついたら書きます

第26回知財管技検定1級ブランド学科試験問題 自分学習用解説 33問目 34問目

第26回知的財産管理技能検定(4回目)1級ブランド専門業務学科試験の自分学習用解説 、今回は33問目、34問目です。



33問目は、中国の模造品対策についての会話で、「不適切」なものの選択肢を選ぶ問題です。

選択肢アは正しいです。選択肢の文のとおりです。
選択肢イは正しいです。選択肢の文のとおりです。
選択肢ウは正しいです。選択肢の文のとおりです。
選択肢エは間違いです。中国の商標法制度には、懲罰的損害賠償が導入されています。
よって、選択肢エが間違いで「不適切」なので、エが正解です。

 

 

34問目からは、米国の商標法制度の問題です。

34問目は、米国での商標権の移転譲渡手続についての、英文の空欄穴埋め問題です。

先に正解を書きますと、

選択肢ウの「the good will」になります。まあ、選択肢の中で、いかにも商標らしい語句はこの「the good will」だけですから、なんとなくこれを選んだ方もいらっしゃるかと、思います。

ちなみに、各選択肢の語句は、

選択肢ア「the profitability」は「収益性」と訳せばいいでしょうか。

選択肢イ「the good standing」は「優良な状態」と訳せばいいでしょうか。

選択肢ウ「the good will」は御存知、「グッドウィル、暖簾」ですね。

選択肢エ「the stability」は「安定性」と訳せばいいでしょうか。

ちなみに、問題文にある英文を訳しますと、「合衆国法典第15編第1060条(a) 登録商標又は登録出願申請中の標章は、その商標(標章)が用いられる商取引における[空欄]、あるいは、その使用に関係し、商標(標章)が象徴する、その商取引における[空欄]の一端と共に、譲渡されなければならない。」という感じでしょうか。まあこのくらいまで英文が理解できれば、空欄に「グッドウィル、暖簾」が入るとわかりそうなものですよね。

よって、選択肢ウが正解で「適切」なので、ウが正解です。