読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験合格への道かな?

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験に向けて諸々のこと、その他書籍やニュースなどの知財、その他の法律等に関して、思いついたら書きます

第23回知財管技検定1級ブランド学科試験問題 自分学習用解説 12問目

第23回知的財産管理技能検定 第3回1級ブランド専門業務学科試験の自分学習用解説 、今回は12問目です。

12問目は、「商標登録の更新時期についての会話の空欄穴埋め」問題です。

まず空欄1ですが、「更新申請の際、更新対象の商標区分を、使用継続を希望する一部の区分(途中略)に限定すること〔空欄1〕。」とあります。〔空欄1〕には、「ができます」と「はできません」のうち、「ができます」が入ります。この文は「更新時における商標の指定商品・指定役務の一部削除」の説明で、もちろんできます
次に空欄2ですが、「更新時の更新費用の分割納付の説明」として、最初の「5」年間分を支払って権利維持をはかり、その後その商標の権利維持が不要になった場合には、後半分を支払わないで権利放棄をすればいい、ということになります。よって〔空欄2〕には「5」が入ります。

よって〔空欄1〕は「ができます」が、〔空欄2〕は「5」が入りますから、この組み合わせである選択肢エが正解となります。


この12問目は比較的解答しやすい問題です。このような問題は確実に正解にしましょう。