読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験合格への道かな?

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験に向けて諸々のこと、その他書籍やニュースなどの知財、その他の法律等に関して、思いついたら書きます

書籍紹介その22 喧嘩の作法

喧嘩はしないにこしたことはありません。
しかし、向こうが喧嘩を仕掛けてこないようにするため威嚇程度にはこちら側を見せつける必要はあるでしょうし、場合によってはこちらから仕方なく喧嘩を仕掛けなければならない場合もあるでしょうし、また向こうが仕掛けてきて喧嘩を売ってきたならばそれをしっかり受け止めて喧嘩を買って戦いそして勝利しなければならない、のかもしれません。
少なくとも知財においてはそう考えます。ですので、そのための準備をしておくことは必要でしょう。

と私はこの書籍を読んで考えました。
これが私がこの書籍を読んで思った、「喧嘩の作法」です。

知財スペシャリストが伝授する交渉術 喧嘩の作法

知財スペシャリストが伝授する交渉術 喧嘩の作法


この書籍は、とあるビジネス誌に連載されたものをまとめ、かつ手直しをされたもので、作者は最初はこのタイトルは嫌だったそうです。
私は、某書店での、作者の講演会に参加しました。意外にも、書籍のタイトルと違い、著者の方はものごし柔らかな方でした。でも、芯は強そうでした。まあ、そうでないと、あのホンダで知財や契約の業務はできなかったでしょう。

なんと言えばいいでしょうか、この書籍からは、著者の熱い思いが感じられました。必ずしも、この書籍に書いてあることが全て正しいとは、私は思いませんでした。でも、この著者の熱い思い、共感できました。また、そのような方はおそらく多いのではないでしょうか。

私にとっては、私が進もうとしている道は間違っていないよ、と言ってくれている書籍に思えました。

詳しい内容は書籍を読んで御自身で御確認ください。この手の書籍としては、かなり読みやすいと思います。