知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験合格への道かな?

知財管理技能検定1級ブランド専門業務試験に向けて諸々のこと、その他書籍やニュースなどの知財、その他の法律等に関して、思いついたら書きます

形式的には「類似」範囲つまり「禁止権」の範囲だが、実質的には「同一ではないが専用できる」、つまり「専用権」の範囲、と言っていい領域があると考えられるのではないか